合気道とは

合気道開祖 植芝盛平翁
合気道開祖 植芝盛平翁

武道としての合気道
合気道は、植芝盛平(1883~1969)によって、古流武術(槍術、剣術、柔術)を母体として創られた現代武道です。「突けるところを突かず、打てるところを打たず」という合気道の術理は、△と○という技の構造を有し、現象的には「投げ、押さえ、極め」であり、厳しい入りと流れるような動きが特徴です。また、「攻めの形と護りの形は一緒である」という「攻防一如」の理合いは、武道という真剣勝負の道で独自性を有しています。斯道を修行することにより、我々人間が生きて行く上で必要な「気力・体力・知力」を涵養することは本より、「いかに動くか」という、人間の「動き方」を学ぶことを本旨としています。

 

合気道の剣法
合気道の剣法

スポーツに無い武道の特異性
武士道とは死ぬことと見つけたり」と武士の心得を説いた江戸時代初期の朱子学書「葉隠」で言っていますが、この言葉を借りれば、「武道とは生き抜く道と見つけたり」と言ったら良いでしょう。武道の鍛錬は真剣勝負のシミュレーションです。そういうシビアな想定の場に自らを置き、いかに生き延びるかの動きを鍛えます。「動き方」が拙ければ、待っているのは死です。命を懸けた動きの鍛錬はこの社会を生き抜くための大きな力になります。

合気道では競技試合を行ないません。したがって試合の優越順位での修行結果を目標にする競技武道とは一線を隔します。では何を目標に修行すればよいのでしょう。

戦うための厳しい身体の動き=「武技」           

「武技」の鍛錬から実際に相手に武技を仕掛けるための間積りや意識の働き「武術」 

「武術」へ取り組む積極性や探究心の向上=「武道」。

社会生活の中でも通用、共用できる意識や気持ちの動きや働かせ方を学び、生きた「武道」を目指します。

合気会八段 野中日文大師 
合気会八段 野中日文大師 

武道(武士道)精神:武道で礼儀作法を学ぶ意義
武道は「礼に始まり礼に終わる」と言われる。 「礼」とは他人と自分との間の距離(間合い)を認識することから始まる自律の心得である。「間合」の視点から見るとき、挨拶の持つ「接近法」としての意味が見えてくる。武道による人間形成とは、ただ「豊かな心を持て!と要求する事ではない。「間合」「位取り」等の武道の心得を日常生活に置き換える要領を教えることである。人としての実力の養成が武道教育で可能だとしたら武道が果たす社会的責任としてこれ以上のものはない。

 

時代時間を超えて通用する「武」とは? 『武道行動学』

現代は自己犠牲精神を説く封建武士道の時代ではない。
しかし「主君のため」ではない自分自身のための、過酷な状況を生き抜き、事を成就に導く行動学としての武道の心得は、どんな時代になろうと生命を失わない。

一人の人間としての知性や思弁は武術の場合、間積もり、位どり、機眼、先手と後手といった類の具体的な動きとなって結果を生み出す これが武術の工夫と検証だが、つぎにこれを日常的な行動(礼)や死生観の上に置き換えて具体化して行くのが武道行動学である。

 

~合気道本流合気会宮崎 谷神会 主席師範 野中日文大師~

 

What's New!

「郷中教育」がTV番組に取り上げられました!

(掲載ページはこちら

谷神会連絡掲示板